• 賀来素明

懸垂下降トラブルの解決方法

印西クラックでレスキューの講習会をPart-1から4まで企画し、今日は最終回のPart-4を行いました

一般的なクライマーのほとんどはレスキュー技術を知らないということは、私の周りにいるクライマーを見ていても良くわかることです

懸垂下降トラブルからの自己脱出方法すら知らないと思います

せめて下降器に髪の毛、スリング、衣類などが巻き込まれたときに、そのトラブルを解決する方法を知っておくというのはルートクライミングを行うクライマーの必須科目でしょう


本日印西クラックに集合したクライマーは4名

まずは懸垂下降トラブルからの自己脱出の研修

懸垂下降ロープの登り返し

フリクションヒッチがロックした状態からの懸垂下降再開

そして最後に救助者による下からの登り返しレスキュー

最後に実施した登り返しレスキューは全体で47ステップにも及ぶもので、なかなか容易ではなく残業1時間を要する講習会となりました

密接していますがご夫婦なので問題ありません



21回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示